【解説】バッテリーの劣化・交換

充電 バッテリー

バッテリーがもたない。。なんだか膨らんできた。。

フル充電したはずなのにあっという間にバッテリーがなくなってしまう、なんだかiPhoneが膨らんできた、といった症状はありませんか?

スマートフォンで使われているリチウムイオンバッテリーは消耗品であるため、充放電を繰り返すとどうしても劣化してしまいます。また劣化が進むと膨張する特性を持っています。iPhone内部部品であるため、膨張すると基盤など、バッテリー以外の部品を圧迫して他の故障を誘発することもあるので、早めの交換をお勧めします。

iPhoneバッテリーを長持ちさせるために

・不要時にオフにすると節電が出来る設定項目

  • Wi-Fi、Bluetoothをオフにする
  • 不要な通知はオフにする
  • AirDropを使用しない時はオフにする
  • 自動ダウンロードは止める
  • 3G、LTE回線の同期を行わない
  • 位置情報をオフにする
  • サウンドの設定で、着信時バイブをオフにする
  • データの取得方法のプッシュをオフにする

・さらに節電出来る設定項目

  • 使用時以外は電源ボタンでロックする
  • 必要に応じ機内モードをオンにする
  • 画面の明るさは必要最低限の明るさに調整する

※アップル社の公式サイトの製品ポリシーによると、iPhone製品, iPod製品の消費期限を3年間と想定しているそうです。
※iPhone製品のほとんどがリチウムイオンバッテリーを使用しています。正常なiPhoneバッテリーは、フル充電を400回繰り返すと、充電しても元の容量の80%しか充電できなくなります。
※温度が0℃以下や35℃以上だと、バッテリーの劣化がしやすくなるので、十分注意が必要です。

バッテリー修理の工程

フロントパネルを開けて、バッテリー部品を交換します。弊社で扱っているバッテリーはすべて、国内安全規格に適合していることを表すPSEマーク(※)付きです。
充電ができない症状の場合は、バッテリーではなく充電コネクタの問題である可能性もありますので、しっかりと調査させて頂きます。
当社の修理では、交換部品以外の交換は行いませんので、大切なデータが初期化されてしまったり無くなってしまう心配はありません!

(※)PSEマーク:経済産業省管轄下で電気用品安全法に基づく安全規格に適合している用品に表示されるマーク

修理にかかる時間

修理にかかる時間は、調査も含め10分から30分くらいです。
正規プロバイダーでは数日かかる場合もあるようですが、モバDならあっという間です。

修理費用

サービス一覧中のバッテリー交換をご覧ください。

サービス実施店舗

モバイルリペア工房Dでは、全店舗にてバッテリーの交換が可能です。
相模原店
港北センター北店
湘南平塚店



COUNSELING

iPhoneの修理に関するご相談に、無料でお応えいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

iPhoneトラブル無料カウンセリング

トップへ戻るボタン