【解説】カメラの故障

iPhoneにとってカメラは今や必需品です。不具合の際に役立つ対処法をご紹介します。

カメラのアプリが起動しない。。

カメラのアイコンをタップしてもカメラが起動しない場合は、ソフトウェアの方に問題が起きている可能性があります。 
そんなときには、起動しているアプリをタスクマネージャーで終了させると不具合が解消されることがあります。    
同時に複数の動いているアプリを起動してますと重くなり、何かしらの不具合を起こしカメラ、他のアプリに影響が出ている場合には、この方法が有効なので試してみましょう。
この操作を行ってもカメラが起動しない場合は、一度、iPhoneを再起動させてみましょう。

撮影時・写真への汚れなどが映りこんでしまう

写真にゴミや汚れが写る場合はiPhoneのカメラレンズが汚れている可能性があります。ブロアなどでレンズのチリやホコリを飛ばしてから、クリーニング用(メガネ拭き等)の柔らかいクロスを使用し優しく拭き取りましょう。
また、ホコリや細かい砂などがレンズに付着した状態でクリーニングすると細かい傷を付ける原因となるので注意が必要です。ブロアが手元にない場合は息で吹き飛ばす方法で、できるだけ表面の付着物を飛ばしてからクリーニングするようにしましょう。
クリーニングしても状況が改善しない場合はカメラユニット内に不具合が起きている可能性がありますので修理に出しましょう。

iPhoneのデータ復元(初期化)で直ることも

iPhoneを長く使っていると、何かしらの不具合によってアプリに不具合が生じてくることもあります。カメラが起動しない、もしくは、アプリがすぐに落ちてしまうなどの不具合が頻発するのであれば、パソコンにデータのバックアップを取ってから、「復元」もしくは「初期化」をしてみると解消される場合もあります。復元、初期化の方法につきましてはAppleサポート公式HPよりご確認下さい。

復元や初期化をしても不具合が解消されないとき

「アプリの終了」「再起動」「iPhoneの復元・初期化」でも症状が改善しない場合は、カメラを構成するハードウェアに不具合が出ている可能性があります。 ぜひ当社無料カウンセリング(電話、相談フォーム)までご相談ください。

修理にかかる時間

修理にかかる時間は、調査も含めて、60分から90分くらいです。
正規プロバイダーでは数日かかる場合もあるようですが、店舗への往復を含めても数時間で済みます。

修理費用

サービス一覧中のカメラ修理をご覧ください。

サービス実施店舗

モバイルリペア工房Dでは、全店舗にてカメラやレンズの交換・修理が可能です。
相模原店
港北センター北店
湘南平塚店



COUNSELING

iPhoneの修理に関するご相談に、無料でお応えいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

iPhoneトラブル無料カウンセリング

トップへ戻るボタン