運転中のスマホ・携帯の使用について

道路交通法により、自動車やバイク等の運転中にスマートフォンや携帯電話を使用することが禁止されていることは皆様ご存知のことと思います。通話だけでなく、手に取って画面を見るだけでも違反の対象になります。条例により、イヤホンマイクによる通話も禁止している都道府県もあります。
また、自転車を運転する場合でも安全運転義務違反の対象になることがあります。
このように規制されているのは、これらの行為が、安全運転に必要な交通の危険を認知することを阻害する行為だからです。

運転中のスマートフォンや携帯電話による通話や操作、特に画面を注視する時間が長くなるゲームやメッセージの送信等は、交通状況の変化を認知することができずに、自分だけではなく、他者の命を奪ってしまう可能性もある危険な行為です。
また、ハンズフリーで通話している場合でも、手で持って利用している場合と同様に、認知、判断が鈍り、事故に遭遇するリスクはほぼ変わらないとの調査結果もでています。

運転中に通話や操作が必要になったときは、安全な場所に停車してからご使用ください。



COUNSELING

iPhoneの修理に関するご相談に、無料でお応えいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

iPhoneトラブル無料カウンセリング

トップへ戻るボタン